世界的に広がる”コロナ禍”。チャールズ皇太子に陽性反応が出るなど、ロンドンを中心に感染が急速に広まっているイギリスでは、23日に外出制限命令が発表され、不要不急の外出を事実上禁止し、従わない場合には罰金も科す厳しい方針が打ち出されている。

 現在イングランド北部のニューカッスルに所属するFWの武藤嘉紀が、自身のSNSを更新し、自宅待機の続く現状の過ごし方として、娘と料理を作っている2ショット写真を投稿した。

「初めて娘と2人でカレー作りに挑戦しました!手慣れない僕にはすごく難しく、奥さんへの感謝の気持ちが倍増しました。自宅隔離で3週間家から離れることはできませんが、家族との時間を大切に、大変な時こそ笑顔は忘れずに乗り越えたいと思います」

 この投稿には、ファンも歓喜し、以下のような投稿が寄せられた。

「素敵すぎる」
「娘ちゃん楽しそう」
「最高の時間ですね」
「奥さまへの感謝もさすがです」
「落ち着くまで笑顔で乗りきりましょう!!」
「娘ちゃんとのカレーは美味しくできましたかな?」
 
 その一方で、昨年まで同じくプレミアリーグでプレーし、今年1月31日にイタリアのサンプドリアへ移籍した、日本代表キャプテンの吉田麻也からは、「まず椅子から立てや。料理なめとんか」というツッコみが。

 これには、ファンも「キャプテン、厳し!」、「スパルタ」、「爆笑すぎます」とのリプライが寄せられた。

 武藤本人も「初カレーだから許して」と弁明するなど、ほのぼのとした一面も見られた。

 プレミアリーグではアーセナルのミケル・アルテタ監督とチェルシーのFWカラム・ハドソン=オドイの感染が発覚。ニューカッスルからは感染者の報告はないものの、現在は練習場も閉鎖され、選手個々での練習プランを行なっている状況だという。

 今季はベンチ外になる時間も多く、苦戦が続いていた武藤。リーグ自体が今後どうなるか不透明な中だが、家族との時間を過ごしリフレッシュし、今後の活躍に繋げられるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部