なでしこリーグ1部のINAC神戸レオネッサに所属する仲田歩夢が4月29日の夜に自身のSNSを更新し、ファン垂涎の特技を披露した。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、なでしこリーグは3月21日に予定されていた開幕が延期。4月28日には2か月後の6月28日までリーグ戦開催を延期することが発表されていた。

 INACはクラブ史上初の外国籍監督となるゲルト・エンゲルス氏を迎え、5連覇中の女王、日テレ・東京ヴェルディベレーザからの覇権奪還に向けて、新たなスタートを切っていたものの、現在は4月4日から5月6日まで、約1か月間の活動休止を余儀なくされている。

 そんな中、仲田はツイッターで「仲田、プリン作ってみた」と完成品の写真を投稿。インスタグラムでは「先日、プリンを作りました。カラメルから蒸すところまで、、おいしくできてよかったです」とハッシュタグに「すこし気泡が残ってしまったのがくやしいポイント」「ちなみにみなさんは昔ながらのかためプリンとクリーミーななめらかプリンどっちがすきですか」と添えて同様の写真を投稿した。
 
 あまりにも完成度の高い仕上がりに、コメント欄にはファンからの以下のようなメッセージが寄せられた。

「めちゃくちやうまそう」
「食べたい」
「可愛い」
「売れるな」
「上手ですね」
「売り物かと思った」
「女子力高ーい」
「プロっぽい」
「お身体ご自愛ください」
「まさか全部自分用 ?? (笑)」
「ファン感商品ラインナップに入れて」

 同僚MF八坂芽依とインスタライブを行ったり、ベレーザのDF土光真代らとジャニーズの「手洗い動画(Wash Your Hands)」を実演してみせるなど、SNSを活用して情報を発信している仲田は、プロ並みな料理の腕前も見せつけた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】美人すぎる女子サッカー選手、仲田歩夢の厳選ショットをお届け!