プレミアを経験した“先輩”は、“後輩”の成功を疑っていないようだ。

 かつてレスターでプレミア制覇を経験し、現在はスペイン2部のウエスカでプレーしている岡崎慎司が英紙『Evening Standard』に対して、1月にリバプール移籍に加入した南野拓実について語った。

「テレビでいくつかの試合をみたけれど、ネガティブな印象は全くない。拓実はボールを持っていても、持っていなくてもいいプレーをしている。チームを変えてから、少しずつ自信を取り戻していると思う」

 そして、南野はプレミアで成功するために必要な資質を、すべて兼ね備えていると確信していると述べた。

「プレミアが世界で最もハードなリーグであることは知っている。それに、リバプールは昨季のチャンピオンズ・リーグ制覇で、すでに質の高い選手が揃っていることも理解している。それでも、拓実はあそこで自分自身を向上させることができる。それは日本のサッカーにとっても重要なことだと思う。最初は確かにクオリティーだけだったかもしれないけれど、今は戦い方を知っているし、スピードも上がっている」

 さらに、世界最高峰のリーグで日本人選手がプレーすることの重要性を強調した。

「イングランドもそうだけれど、日本のサッカーファンは、ビッグクラブで活躍する選手を見たいと思っている。少し前まで、マンチェスター・ユナイテッドに香川真司、インテルに長友佑都、ミランに本田圭佑がいた。

 でも最高のレベルを見せたとはいえない。それを経て今、日本サッカーは次のステップに進むべき時がきている。ヨーロッパのビッグクラブで、毎週プレーしている選手が必要だと思う」

 プレミア制覇という偉業を成し遂げた先輩の期待に、南野は応えることができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部