4月23日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代ベストイレブン」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“マイベストイレブン”を選んでもらっている。人選の条件は現在までに登録されたJリーガーで、外国籍選手は3人まで。ここでは、元日本代表のCBで、現在は解説者やタレントとして活躍する坪井慶介の“マイベストイレブン”を紹介しよう。

――◆――◆――

 個人的に好きな選手の中からバランスを考えて組みました。結構迷いましたね。俊さん(中村俊輔)とかボンバー(中澤佑二)とかも入れたかったけど、泣く泣く断念しました。

 パッと決まったのはエメ(エメルソン)と(小野)伸二。伸二はこのチームの中心。ボールを持つ度にワクワクさせてくれる。大好きなプレーヤーです。

 戦い方は、中盤でしっかりボールを回しながら、自由に崩していく感じ。エメとタカ(高原)をサイドに、エムボマを中央に置いた3トップは、それぞれがミドル、クロス、裏抜け、突破、なんでもできる。

 エムボマとタカにボールを収めてもらって、そこを起点にして、抜け出しの鋭いエメルソンにフィニッシュを任せるのもいいかもしれない。
 
 それに中盤の伸二とヤット(遠藤)は攻撃を自在に組み立てられる。何も言わなくても自然と機能しそう。ヤットと伸二にはポジションにこだわらず流動的に動いて、リズムを作ってほしいです。阿部ちゃんにはヤットと伸二を自由にさせるために、サポート役に回ってもらいます。

 3トップと中盤が時間を作れるので、その間に豪快なオーバーラップが魅力の長友と酒井がサイドを駆け上がって、分厚い攻撃を仕掛けるイメージです。

“期待枠”としてCBには冨安をチョイス。身長は高いし、技術があるし、身体能力に任せず頭を使って守れる。すごく好感が持てるDFです。

 その相方には闘莉王を置きたい。彼とは6年間一緒にやっていて、やっぱり存在感の大きさを感じていたし、頼もしかった。ロングフィードもすごく効果的。後ろからドンドン声を出して、守備を仕切ってほしいです。
 
 GKには物静かな正剛を選びました。(川口)能活さんも素晴らしいけど、闘莉王がガンガン指示を飛ばす分、クールな正剛さんを(笑)。ドシッと構えていて、安心感がある選手です。

 そういう選手同士の相性も気にして選んでみたんですよ。例えば右ウイングのタカは守備をやるけど、左ウイングのエメルソンはたまにサボるので、その後ろには運動量豊富な長友と、口うるさい闘莉王にしたりね。

 これだけ個性的なメンツが集まっていますから、監督は求心力のあるオシムさんで決まりです。オフトさんとも迷ったんですけど、見た目の迫力がありますしね。

 僕も代表で指導してもらいましたけど、オシムさんは細かいところまですごく見ている人なんですよ。出ている選手、出ていない選手それぞれの表情やモチベーションとか、プレー以外のところまですごく気を遣ってくれている。そして、戦術だけでなく、自分たちで考えることが大事だということもよく言ってくれていました。まさにこのチームにピッタリの監督じゃないでしょうか。

――◆――◆――

PROFILE
つぼい・けいすけ/1979年9月16日生まれ、東京都出身。現役時代は浦和、湘南、山口で活躍したDFで、2002年新人王、2003年ベストイレブンに選ばれた。日本代表でも活躍し、2006年にはドイツ・ワールドカップに出場。現在は解説業の他、タレント業にも勤しむ。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

※『サッカーダイジェスト』2020年5月14・28合併号より加筆し、転載。

【PHOTO】カズは赤のスーツ、中山はドゥンガの代わり⁉その年のJリーグを彩った歴代MVPを一挙紹介!(1993〜2019)