1月にリバプールへ加入した南野拓実について、セレッソ大阪時代の同僚が語っている。

 英紙『Evening Standard』の取材に応じたのは、2014年に半年間だけC大阪でプレーした元オーストラリア代表のMFミッチ・ニコルスだ。

 当時19歳だった日本代表FWについて、「あの若さで鋭さを持ち、学ぼうとする意欲が人一倍ある選手だった。あの頃のセレッソはとても強力なチームで、お手本とする選手が多くいた」と印象を述べている。

「彼の献身的な姿勢は強烈だった。あんな若者はオーストラリアにはいない。見たことがなかった。しかも、トレーニングの前後もジムで身体を鍛えていた。

 努力で得た自信も備えていたし、彼はチームに対しての責任を負うことを苦に思っていないようだった。常にボールを欲しがり、自分がやりたいというプレーに対しては絶対に譲らなかった」

 さらに、アタッカーとして特別な“才能”を備えていると称えた。

「彼の労働倫理は、ボールの有無にかかわらず、その献身性が示していると思う。何より強く印象に残ったのは、ほかのアタッカーにはない粘り強さだ。あれは他のアタッカーには見られない。ミナミノは自分が何をできるかを知り、なにを改善する必要があるのかを知っている。それは彼の何よりの強みだ。だから、どこであろうと、間違いなく成功する」

 その“粘り強さ”を武器に、南野はプレミアで成功を収めることができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部