日本のサッカーファンにとっても強烈に印象に残っているゴールだろう。

 ブラジル・メディア『Globo Esporte』は現地時間5月5日、ブラジル代表FWネイマールが代表チームで決めたゴールのうち、どれが最も優れているかというアンケートを実施。

 ネイマールは2010年にデビューを飾り、これまでに102試合に出場、61ゴールをマークしている。そのうち、特に印象に残ったゴールがノミネートされた。

 そしてユーザーによるウェブ投票が行なわれた結果、最も優れているゴールが決定。それは、2013年のコンフェデレーションズカップ、ブラジル対日本戦で決めた、ボレーシュートだった。

 この試合でネイマールがゴールを決めたのは開始3分のことだ。若きエースはフレッジが胸で落としたボールに対し、迷うことなく右足を振り抜く。ボックス外からの強襲に日本の守備陣は為すすべなくボールを見送り、ボールはネットに突き刺さった。

 鮮やかなボレーシュートにスタジアムを埋め尽くした観客が総立ちとなり、雄叫びを上げた。このゴールは、ユーザーから約32%の支持を得て、2位の約18%に大きな差をつけている。

 同メディアは「最も美しいゴール」と評し、第1位選出を称賛。現地サポーターからも、「これは覚えているな」「忘れられないよ」となどのコメントが寄せられている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部