レアル・マドリーのカンテラ(下部組織)で研鑽を積む“ピピ”こと中井卓大が5月6日、自身のインスタグラムを更新。「3150(サイコー)」パフォーマンスを収めた動画を投稿した。

「3150」とは、ボクシングの「亀田3兄弟」の父・亀田史郎氏の編み出した決めポーズで、ソフトバンク・ホークスの主砲・柳田悠岐がホームランを打った際に行なうパフォーマンスとして有名だ。

 現在はフベニールC(主に2003年生まれで構成)に所属している16歳のMFは、史郎氏の三男・和毅からバトンを受けたようだ。実家と思われる和室で次のように語り、ポーズを披露している。

「皆さん、こんにちは、レアル・マドリードのピピです。亀田和毅さんから“3150”のリレーバトンをいただきました。コロナウイルスに負けないよう頑張りましょう」

 最後に、「次はあなたの番です」とサムズアップを決めた中井。その爽やかな笑顔と、背の高さにファンも反応し、コメント欄には次のようなメッセージが寄せられた。

「日本に戻ってきてるんですね」
「カッコいい〜」
「すっかり大人やねー」
「意外と声低いのね」
「襖と比べると身長183くらいある?」
「pipiくんめっちゃ背高くないか?」

 先日は、スペイン・メディアによる「マドリーのカンテラにいる20人の有望株」にも選出された中井。その注目度は日本だけでなく現地でも高まっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部