サッカーダイジェストの「Jリーグ歴代ベストイレブン」企画で、FWには多士済々な顔ぶれが選ばれた。大久保嘉人、三浦知良、佐藤寿人、中山雅史、興梠慎三……、もちろん彼らは素晴らしいストライカーで、実際にJ1通算得点ランキングでは、185得点の大久保が1位、161得点の佐藤寿人が2位、157得点の中山雅史が3位だ。

 長くJリーグで活躍し続け、ゴールで多くの熱狂をもたらした立派な数字は、しっかりと称えたい。ただ、ストライカーは少ないチャンスを確実にモノにする”決定力が高いFW”のほうが、当然ながら評価は高い。

 そこで今回は、決定力にスポットを当てたランキングを作成。100点以上のゴールを決めた選手に限定し、1試合平均得点をもとに、数字が高いほど”決定力が高いFW”としてランク付けした。対象選手は14人。順位は以下の通りとなった。
順位    選手名(所属orJ最終所属) 1試合平均(得点/出場)
1位    ウェズレイ(大分)        0.571(124/217)
2位    エジミウソン(C大阪)      0.470(111/236)
3位    マルキーニョス(神戸)      0.456(152/333)
4位    中山雅史(沼津)         0.442(157/355)
5位    ジュニーニョ(鹿島)       0.439(116/264)
6位    三浦知良(横浜FC)        0.433(139/321)
7位    大久保嘉人(東京V)       0.413(185/448)
8位    小林 悠(川崎)         0.408(106/260)
9位    佐藤寿人(千葉)         0.399(161/404)
10位    興梠慎三(浦和)          0.361(148/410)
11位    前田遼一(岐阜)          0.359(154/429)
12位    柳沢 敦(仙台)          0.291(108/371)
13位    藤田俊哉(千葉)          0.239(100/419)
14位    遠藤保仁(G大阪)         0.163(103/631)

 1位はウェズレイだ。2000〜05年の名古屋、06〜07年の広島、08〜09年の大分で活躍したストライカーで、01〜03年には3年連続で20以上のゴールを奪った。08年には大分のナビスコカップ制覇にも貢献している。14人のなかで唯一、2試合に1点の確率を超える決定力だ。

 2位はエジミウソンで、特に輝かしい成績を残したのが新潟での04〜07年、浦和での08年〜10年。04年から7年連続で、J1でふた桁得点を決めた。

 3位はマルキーニョス。前述のふたりには決定力で及ばなかったが、通算ゴール数では助っ人でトップ。J1優勝も4度、経験しており、08年にはリーグMVPと得点王をダブル受賞した。

 ちなみに現在、J1でプレーしているのはカズ、小林、興梠、遠藤の4人。リーグ再開後は、彼らが高い決定力を見せられるか注目したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部