昨季限りで現役を退いた楢﨑正剛と並び、J1通算出場試合数ランキングでトップタイ(631試合)の遠藤保仁は、通算PK得点ランキングでは単独1位の31ゴールを記録。GKの重心を見極めて、その逆にゆっくりと転がす「コロコロPK」は一時期、大きな話題を呼んだ。

 誰もが認める“PK職人”だが、成功率でこの遠藤を上回るのが、ランキングでは2位大久保嘉人、3位福田正博に次ぐ4位の阿部勇樹だ。35本中31本を決めている遠藤に対し、阿部は20本中20本を成功させている、まさに“百発百中”の名手なのだ。

 もっとも、過去にはACLの舞台でポストに当ててしまうなど、失敗したケースもある。それでも、16年のチャンピオンシップ決勝第1戦や、翌年のスルガ銀行チャンピオンシップ王者決定戦でチームを勝利に導くPKを決めるなど、ここ一番での勝負強さに疑いはない。

 以下では、J1におけるPKスコアラーのランキングTOP10を、「得点数」と「成功率」に分けて見てみよう。

■得点数■
順位    名前(所属)           得点/本数/成功率
1位    遠藤保仁(G大阪)   31/35/89%
2位    大久保嘉人(東京V)    27/32/84%
3位    福田正博(浦和)          26/34/76%
4位    阿部勇樹(浦和)          20/20/100%
       中山雅史(沼津)          20/28/71%
6位    ベッチーニョ(川崎)     18/24/75%
7位    ケネディ(名古屋)        17/19/89%
8位    ストイコビッチ(名古屋)16/22/73%
         豊田陽平(鳥栖)           16/19/84%
10位  三浦知良(横浜FC)        15/19/79%

■成功率■
順位    名前(所属)             成功率/得点数/本数
1位    阿部勇樹(浦和)        100%/20/20
2位    遠藤保仁(G大阪)      89%/31/35
        ケネディ(名古屋)       89%/17/19
4位    大久保嘉人(東京V)    84%/27/32
         豊田陽平(鳥栖)          84%/16/19
6位    三浦知良(横浜FC)       79%/15/19
7位    福田正博(浦和)           76%/26/34
8位    ベッチーニョ(川崎)      75%/18/24
9位    ストイコビッチ(名古屋)73%/16/22
10位   中山雅史(沼津)           71%/20/28

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!