「ギラヴァンツ北九州のサッカースタイルを作っていきたい」。2010年12月7日、北九州市のホテルで開かれた就任会見の席上で語気を強めたのが、Jリーグチームを初采配することになった三浦泰年監督だった。

 北九州は09年にJFLで昇格圏ギリギリの4位に入り、10年からJ2に戦いの場を移していた。しかし、予算や環境に恵まれず、昇格初年は年間わずか1勝の19位に沈んだ(当時、降格はなし)。地域リーグから2度の昇格を果たした与那城ジョージ監督は勇退し、Jリーグを戦うチームへの変革は三浦監督に託された。

「北九州は地域リーグ、JFLと厳しく狭い門を勝ち抜いて昇格してきた。1年目の結果で自信を失ってしまいがちだが、もう一度、皆に自信を取り戻してもらいたい。ベテランにも伸びしろがある。自分が選手としてのキャリアや海外で勉強したことをベテランの成長につなげたいし、若い選手も育成する。才能がありながら伸び悩んでいる選手を再生し、しっかりとしたプロ選手を育てたい」
 
 就任会見でそう誓った三浦監督。北九州で指揮した2年間で「プロフェッショナルであれ」という言葉を繰り返し述べ、戦術や技術の底上げに加え、意識改革を断行。練習に臨む姿勢やメンタリティーの大切さを教え込んだ。

「上手い選手から順に(スタメンとベンチの)18人を並べているのではない」として、メンバーには周りにプラスの効果を与えられるプレーヤーを選出。39歳(当時)の大ベテランで戦術眼に優れる桑原裕義と、当時23歳で川崎から活躍の場を求めた木村祐志が11年の軸を担ったのは必然だった。

 持ち込んだスタイルはいわゆるパスサッカーだが、相手のペナルティエリアにどれだけボールを供給できたかを数値化し、ゴール前での展開にこだわった。システムは中盤をダイヤモンド型にした4-4-2。攻撃時にはボランチの桑原が最終ラインに降りて3バックに変化させる一方、SBは果敢に前線へと仕掛け、ゴール前に人数を割いていく。

「結果的に勝ったとしても、やってきたことを出さなくて勝つのは危機的な勝利だ。勝ちにこだわるのは当然だが、やろうとしていることを出せるゲームにしたい」

 内容と結果の両面を追い求める三浦スタイル。守りに入らず、相手ゴールへと繰り返し襲いかかるサッカーは、語弊を恐れずに言えば北九州らしいとも言えた。
 
 11年は戦前の予想を覆す8位でシーズンを閉じ、12年は順位こそ前年を上回れなかったが、今でもクラブ最多タイとなっている年間19勝を挙げた。宿敵の福岡から4点を挙げる快勝もあり、常盤聡がバク宙を披露したのも北九州サポーターに深く刻まれる思い出になっているだろう。

「選手たちが非常に純粋で、誠実だった。そしてやる気もあった。だから成長してもおかしくない。お互いに非常にいい仕事ができた。私だけの情熱でもこうはならないし、彼らが思うモチベーションだけでもそうはならなかった。お互いが前向きに向き合って過ぎた日々がこういう成長を生んだ」

 12年の最終戦後に三浦監督が、こう2年間を振り返ったように、この時代に覚醒した選手は多い。清水からのレンタルでプレーした竹内涼(12年に所属)は初めてJリーグでの通年出場を果たし、今では清水でキャプテンを務める。高卒ルーキーだった渡大生は高い決定力を見せ、現在は大分へ。池元友樹(北九州)は35歳になった今も現役でプレーする。11年と12年に三浦監督からキャプテンに指名された木村祐志(水戸)は持ち味を開花させ、13年はJ1大分でもプレーした。
 当時の北九州を熱狂させたサッカー。だが、三浦監督が退くとスタイルは一変する。前のめりに攻める分だけ、カウンターにはファウルで対応せざるを得ず、警告数は増加していった。その負の側面ばかりがクローズアップされ、13年以降はフェアプレーという言葉が一時代を否定するかのような勢いで独り歩きするようになる。

 ただ、北九州でピッチとスタンドをひとつに束ねるのは、やはり得点を重ねていくサッカーだ。北九州は昨年、体制を一新。小林伸二監督や天野賢一コーチを始めとする首脳陣は積極果敢な攻撃的なサッカーを貫いた。カテゴリーが違うとはいえ、ゴール前にボールを運ぶ局面が多く、一体感のあるサッカーは三浦監督時代を想起させる。池元は全ての試合に出場を果たし、文字通りに躍動した。

 今年のサッカーダイジェスト2月27日号の誌上で恒例の順位予想企画が行なわれ、多くの解説者が北九州を22チーム中、19位前後に置いた。やはり下馬評は低い。しかし、たった一人、三浦元監督は北九州を6位に予想した。選手が育ち、サポーターが見とれる「北九州のサッカースタイル」。時を経て蘇りつつある熱いサッカーは、再びリーグを席巻するかもしれない。

取材・文●上田真之介(フリーライター)