J2の山口は5月10日、11日から練習場を開放し、自主トレーニングを開始することを発表した。

 クラブは新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月12日よりチーム活動を休止しているが、県及び山陽小野田市と協議のうえ、練習場として使用している山口県立おのだサッカー交流公園のピッチの開放を決めたという。チームは今後、新規感染者の発生状況などを鑑みて、活動を段階的に再開していく予定だ。
 自主トレーニングは、感染拡大防止対策を徹底したうえで行ない、時間差、人数制限を設けて4グループに分けて実施する。またコンタクトプレーなどの接触を避け、選手はクラブハウスを使用せず、自宅とグラウンドの直行直帰となる。

 なお、練習見学やファンサービスは引き続き中止されている。

構成●サッカーダイジェスト編集部