なでしこリーグの日テレ・東京ヴェルディベレーザに所属するDF清水梨紗が“母の日”に公開した母親との2ショット写真が大きな反響を呼んでいる。

 5月10日に自身のSNSを更新し、「母の日。いつもありがとう。お母さんの周りはいつも笑顔でいっぱい。この写真もピースの仕方が独特で笑いました。そして今現在も社会や家族の為に働いてくださるお母さん方ありがとうございます」と感謝のメッセージを投稿。以前に海ほたるを訪れた際に撮影された、母娘でピースをする2ショット写真を投稿した。

 この投稿にファンからは以下のようなコメントが続々と寄せられた。

「素敵です!」
「キレイですね!」
「そっくりですね」
「似てますね。たくさん親孝行してください」
「すごくいい写真」
「姉妹に見えます」
「二人ともカワイイ」
「親子仲良しで素敵です」
「お母さんまで美人」
「確かに、ピースの仕方に、クセがある」
「ママ、ギャルピースだし笑」
 
 下部組織のメニーナ出身の23歳の清水は、豊富な運動量を利したアップダウンに加え、タイミングの良いオーバーラップと正確なキックで攻撃に厚みを加えるサイドバック。チームでは今季からキャプテンを務め、代表でも不動の地位を築く。

 6連覇を目指すベレーザや、東京五輪でメダル獲得を目指すなでしこジャパンで活躍する姿こそ、そっくりな母への一番のプレゼントとなるはずだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】なでしこの美女サイドバック、清水梨紗のキュートな厳選ショットはコチラ!