スカイブルーFCに所属する川澄奈穂美は5月10日の母の日に自身のツイッターを更新。以下のようなエピソードとともに、感謝の気持ちを伝えた。

「テーム(チーム)、I craud(iCloud)、あじはらい(アジフライ)毎度おかんの打ち間違いのクセがすごいよ。そして『LINEが送れないのよ』とLINEしてくる。これからも天然炸裂期待してます。おかんいつもありがとう」

 同日公開した川澄のオフィシャルブログ「ROAD RUNNER」では、「私は全然ホームシックにならないし、初めて一人暮らしを始めた時も親のありがたみを特に感じなかった薄情娘ですが(笑)、アメリカにいると税金の支払いなどの雑用をよく頼むのでいつもとても感謝しています」と奈穂美節で綴り、「私はおかんの希望で、出汁とドレッシングのセットをプレゼントしました」、「大人になるまでしっかり育ててもらったので、その感謝の気持ちはちゃーーーんとあります」と明かした。
 
 これらの投稿をチェックしたフォロワーからは、「なほさんのお母様の素晴らしさに笑った」、「出汁の贈り物と共にアジがある話」、「うちの母が物凄く似ていて、思わずリプしちゃいました」などのコメントが寄せられた。

 コロナ禍において精力的に発信を続けている川澄は、「ナホナガトーク」として永里優季(シカゴ・レッドスターズ)と踏み込んだ話題を扱うトークライブを開催中。これまで「自宅で仮想100m走」や「卵になるトレーニング」などユニークな投稿もしてきた。

 次はどんな奇抜なアイデアを披露してくれるのか。

 川澄が所属するNWSL(米女子サッカーリーグ)は、6月末の開幕を目指し、州や自治体の義務に従いながら、個別トレーニングが段階的に再開される予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】キュートな笑顔でピッチを駆ける!なでしこ川澄奈穂美の特集フォトギャラリー‼