まだ日本がワールドカップ本大会に出られなかった時代、どこか人間臭く、個性的で情熱的な代表チームが存在していたことを是非、知っていただきたい。「オフトジャパンの真実」としてお届けするのは、その代表チームの中心選手だった福田正博の体験談を基に、「ワールドカップに絶対出る」という使命感を背負って過酷な戦いに挑んだ日本代表の物語であると同時に、福田自身の激闘記でもある。今回は<エピソード2>だ。

【前回までのあらすじ】
 オフトジャパン発足当時のキリンカップでベンチにも入れず、ハンス・オフト監督に反発した福田。しかし、続くオランダ遠征でチャンスをモノにすると、自信が芽生え、オフトとの関係にも変化が訪れていた。

<エピソード2>
 オフトとの信頼関係を築きはじめた福田は、オランダ遠征後の8月17日に行なわれたユベントス戦でも三浦知良(以下カズ)のゴールをアシストするなどアピール。一部の選手とオフトとの対立関係が続く中、福田はオフトジャパンでの地歩を着々と固めていった。

「とても良い流れできていた。オランダ遠征に続いてユベントスとの国際試合でも結果を残し、ダイナスティカップの中国戦(92年8月24日/結果は2−0)でオフト体制の下で初ゴールを決めている」
 
 その中国戦から中1日で行なわれた北朝鮮戦(8月26日/結果は4−1)でも、福田は先制点をマーク。結果的にダイナスティカップ制覇の立役者となった福田が、なにより手応えとして感じていたのは“韓国への苦手意識”が消えていることだった。

「ダイナスティカップでは2回、韓国と戦った(大会初戦と決勝)。どちらも引き分けだったけど(大会初戦は0−0、決勝は2−2の末にPK勝ち)、なんとなく勝てるような気がした。オフトが当時掲げていたキーファクターは『アイコンタクト』『コーチング』『3ライン』『コンパクトフィールド』で、それを徹底させたうえで日本人の長所である技術力を前面に押し出して戦うというのが彼の戦略だった。オフト以前は、韓国に対して走力やフィジカルで上回ろうとした。相手の土俵で勝とうとしたんだ。でも、オフトはそういうアプローチをしなかった」

 つまり、フィジカル的な部分は韓国が上かもしれないが、それだけで試合の勝敗は決まらない。「日本の良さを出すこと」が韓国に対するベストな対抗手段だとオフトは考えたわけだ。

「1対1の戦いだけに捉われず、いわゆる組織力でボールを動かしながら戦うことを徹底しようとしていた。俺の感触では、十分に通用した。むしろ韓国のほうが苦しそうな顔をしていた。だから、こう思ったよ。これはやれるなって」
 
 オフト監督の片腕として良い仕事をしていたのが、コーチの清雲栄純だ。指揮官と選手の間に入って、チームの調和を整える。オフトジャパンにとって、清雲は不可欠なバランサーだった。当時、全体トレーニングのあとの自主練を巡って揉めた時があった。「自主練はするな」という監督に対し、「なぜだ?」と反発する一部の選手たち。それで1〜2時間も話し合いになると、清雲が「とりあえず監督はああ言っている。じゃあ、20分間だけ自主練をやろう。それ以上はやらない。これでどうだ?」と双方が納得できるような落としどころを決めていたのだ。

 だからといって、この名参謀の存在がダイナスティカップ制覇の決め手となったわけではない。やはり特筆に値したのは、オフト監督の手腕。その凄さを福田は肌で感じていた。

「オフトはオランダ人だけど、マツダ(現サンフレッチェ広島)で監督をやっていて日本の文化、日本人の特徴を理解していた。そんなオフトが素晴らしいのは、当時、日本人が気づいていなかった日本人の良さを気付かせてくれたこと。オフトは外国人だからね、日本人には見えないものが見えていた。韓国との試合に臨む際は、相手の良いところ、悪いところ、日本の良いところ、良くないところ、そういうものを総合的に考えて、組織力でボールを動かす戦い方に行き着いている。韓国に負けないためにどうすべきか、彼は分かっていたんだ」

 横山謙三が代表監督だった前体制とほぼ同じメンバーなのに、オフト監督が指揮した半年間で韓国との実力差は一気に縮まった。いや、福田に言わせれば「逆転していた」。

「オフトが就任するまで韓国には7年間勝ってない。でも、ダイナスティカップでは2試合とも日本が押し気味に戦っていた。『これはなんなの?』って話だよね。日本人の良いところを見極めて、それをしっかりと引き出してくれたのがオフトだった。日本人が見失っていたものを、改めて気づかせてくれた。オフトは世界のサッカーの流れも知ったうえで、日本の良さも十分に理解していたから就任から短期間で結果を出せたんだ」
 
 ダイナスティカップ制覇後、オフトの求心力が高まっていく。この監督のやり方に従えばワールドカップ出場も夢ではないのではないか。そう考える選手が増えてきたのだ。この段階でもまだ反発するプレーヤーがいたのも事実だが、92年10月に広島で開催されるアジアカップに向けてチームはひとつにまとまっていくのだった。

 迎えたアジアカップでも日本は快進撃を見せる。UAEとのグループリーグ初戦(10月30日/0−0)、2戦目の北朝鮮戦(11月1日/1−1)こそ引き分けだったが、続くイラン戦をカズの劇的な決勝弾でモノにしてベスト4に進出。そして準決勝で中国を打ち合いの末に3−2で下すと、決勝ではサウジアラビアを高木琢也のゴールで撃破した。オフトマジック──。その手腕を称えてメディアはこう呼んだが、オフト監督は難しいことをしたわけではない。福田が次のように述懐する。

「オフトが優れていたのは役割を徹底したこと。ポジション毎にね。ミーティングでスタメンを発表する時に、一人ひとりの役割をしっかり説明していた。個人に責任を与えて、試合後に評価を下す。すると、選手たちもそれぞれ目標が明確になる。なんのためのトレーニングなのか、直面した課題をどう解消するか。そういうものが見えてくるようになる。今は当たり前かもしれないけど、30年前は画期的に映った。オフトの指導のおかげで、俺はすごく整理がついたし、混乱せずに済んだ」
 
 福田がオフトジャパンで任されていたポジションは基本的にトップ下。在籍していた浦和レッドダイヤモンズではFWを主戦場としていたため最初は戸惑いもあったが、代表チームで試合を重ねていくうちにトップ下の仕事にも慣れていった。

「オフトは俺の特長が分かっていた。それはスピード。前を向いてボールを運ぶ仕掛けの上手さを買われて、2列目で使われたんだ。ひとりで局面を打開できる選手があまりいなかったのもあって、オフトは俺をトップ下に置いた。やっていくうちに自分の能力を出しやすくなったし、違和感はなかった」

 オフト監督はただ上手い選手をピッチに並べることはしなかった。前線には身体を張れる髙木、ボランチには危機察知力に秀でた森保一といったように、“役割重視”でチームを編成していった。そしてアジアカップを制した頃にはひとつの完成形ができあがる。

 オフトジャパンの基本的な布陣は4−3−1−2。GKは松永成立、4バックの最終ラインは右から堀池巧、柱谷哲二、井原正巳、都並敏史、中盤の底が森保で、サイドハーフは右が吉田光範(もしくは北澤豪)で左がラモス瑠偉、トップ下が福田、2トップは右から髙木、カズという構成だった。

「カズは左サイドでヴェルディのメンバー(ラモス瑠偉や都並敏史)を中心にゲームを作る。ラモスさんが高い位置を取るので当然、チームは左上がりになるよね。都並さんもオーバーラップすると、その穴埋め役は森保で、森保の脇を右サイドハーフの選手が中央に少し絞って固める。俺もトップ下というよりは右サイドに少しずれて、本来はダイヤモンド型の中盤が台形みたいな形になる。右サイドバックの堀池さんは守備専門だから、俺はひとりで突破するか、髙木にボールを当ててそこまで走り込むパターンが多かった。チームとしてはそれで上手く機能していたよね。オフトはフォーメーションの形にこだわるんじゃなくて、選手の特徴をベースにどう攻守のバランスを取るかを考えていた」

 アジアカップ制覇を境に「ワールドカップ初出場」への期待が一気に高まりはじめる。しかし、この時はまだ、ワールドカップ・アジア1次予選でのちに“トラウマ”となるアクシデントに見舞われることを福田は知らなかった。<エピソード3に続く/文中敬称略>

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】懐かしのユニフォーム&筋肉バキバキ⁉現在も最前線で活躍する‟オフトジャパン戦士”の貴重写真集!