J2リーグが6月27日、約4か月ぶりに再開。無観客で実施された第2節、東京ヴェルディはホームの味の素スタジアムにFC町田ゼルビアを迎え、1−1で試合を終えた。

 スピーカーから東京Vサポーターの声援が流れているなかキックオフ。立ち上がりから主導権を握りたかった東京Vだが、出鼻をくじかれてしまう。開始わずか3分に平戸太貴にビューティフルなミドルシュートで“J2再開第1号”を決められ、早々にビハインドを負ってしまうのだ。

 その後は相手のプレスをかいくぐりながらボールを回して攻撃の糸口を探っていく。しかし9分の小池純輝の鋭い抜け出しも、22分の井上潮音のミドルシュートも得点には至らない。

 一方的に押し込みながらラストパスやシュートの精度を欠き、0−1のまま前半を終了する。ボールポゼッション率は77パーセントと圧倒的だった。

 後半に入り、スピードのある山下諒也とキャプテンの藤本寛也を投入し、さらに攻勢を強めていくと、そのふたりからチャンスが生まれる。
 51分、藤本との連係で右サイドを崩した山下が鋭いクロスを供給。最後は端戸仁が枠を捉えられなかったものの、得点の雰囲気を感じさせた。

 それからも攻め手を緩めない東京Vだったが、68分に奈良輪雄太が果敢に左サイドからペナルティエリア内に侵入してビッグチャンスを得るもモノにできず。

 しかし最後までノーゴールかと思われた後半アディショナルタイム、山下がエリア内で相手に倒されPKを獲得。これを藤本が決めて、土壇場で同点に追いついてみせた。

 このまま試合は1−1で終了。東京Vにとって今季初のホームゲームは、勝点1を分け合う結果となった。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

【J2第2節PHOTO】東京V1−1町田|町田の平戸が“J2再開第1号”を決めるも、東京V藤本が意地のゴール

【PHOTO】東京V 藤本寛也|後半から途中出場し流れを変える!同点弾を決めた背番号8を特集!