現地時間6月27日に行なわれたブンデスリーガ最終節で、大迫勇也が所属する17位ブレーメンはケルンと対戦し、6-1で快勝。土壇場で16位に浮上し、2部3位との昇降格プレーオフ戦に回ることが決まり、1部残留へ望みを残した。

 残留のためには勝つしかないこの一戦で、2ゴール・1アシストをマークし、勝利の立役者となったのが大迫だ。その躍動ぶりに、サポーターも興奮を隠せない。

 まず、22分に先制点を叩き出すと、ブレーメンの公式SNSには、「希望の男!」、「オオサコを要らないと言ったヤツ、どこだ?見ているか?」、「彼はフットボールの神だ」などのコメントが殺到した。

 さらにチームが次々に得点を積み重ねるなか、58分に大迫が5点目を挙げると、ファンはさらにヒートアップ。「チームを救うぞ」、「なんでこの試合で輝くんだ?最高だ」、「涙が出てきた」といった歓喜の声が続々と寄せられた。
 
 ラスト4試合で4ゴールを挙げ、まさしく救世主となった背番号8。しかし、今シーズンは得点力不足に喘ぐチームの“戦犯”として批判の的になるケースが少なくなく、不要論まで飛び出した。

 その苛烈さにフロリアン・コーフェルト監督が「彼の働きをもっと皆が認めるべきだ」と苦言を呈したほどだ。最後まで信頼を寄せ続けた指揮官の想いに、大迫は最後の最後で応えたのだった。

 ただ、まだ残留が決まったわけではない。7月2日と6日に行なわれる2部3位との入れ替え戦は、文字通りの大一番だ(対戦相手は28日に、2部の最終節が終わった後に確定する)。

 大迫は再びブレーメンを救う活躍ができるか。地元サポーターも期待を寄せている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部