マンチェスター・シティからオランダ1部のフローニンヘンにレンタルされている板倉滉は、来季もエールディビジでプレーする可能性が高いようだ。

 現地局『RTV Noord』の取材に応じた、フローニンヘンのマルク=ヤン・フレデレスTDは「今後の数週間で明らかになると思う」と板倉の去就についてコメントしている。

「マンチェスター・シティとは合意に近づいている。手応えは悪くない。ただ、手続きはまだ終わっていないし、コウがフローニンヘンでもう1年プレーしたいかという意志の確認も必要だ。もちろんその前提でなければこの話は進んでいないが、他のクラブからの問い合わせもあるかもしれないので、最終決定ではないと言っておく」

 コロナ禍の影響で打ち切りとなった2019−20シーズンのエールディビジで、板倉は22試合(カップ戦を含めると30試合)に出場した。当初、フローニンヘンはマンチェスター・Cから買い取る方向で話を進めていたようだが、新型コロナウイルスの影響などで財政的に難しくなり、レンタル延長で話をまとめる方向だという。

 フレデレスTDは「コウが我々のもとで良いパフォーマンスをすることが、我々にとっての報酬だ。シティがその後、もし彼を売却するような事態になった際にも、いい話ができるようになるはずだ」と、最終的には買い取りたいという意向も示している。

 フローニンヘンには、新シーズンから元オランダ代表のアリエン・ロッベンが電撃復帰することが明らかになった。もし延長の話がまとまった場合、クラブOBのレジェンドとプレーできる。

 東京五輪代表候補でもある23歳と、36歳の“英雄”が同じユニホームでピッチに立つ可能性は低くなさそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部