現地時間6月30日に開催されたラ・リーガ第33節で、久保建英が所属する18位のマジョルカが8ポイント差で17位のセルタとの残留争い直接対決に臨み、5-1の大勝を飾った。

 負ければ残留が絶望的になる一戦で、マジョルカのゴールラッシュをもたらしたのが、4-3-3の右ウイングで9試合連続のスタメン出場を果たした久保だ。

 1点リードで迎えた27分に、左サイドからタイミングのいいパスを送り、クチョ・エルナンデスの2点目を演出すると、40分には右サイドでタメを作り、右SBアレハンドロ・ポソのゴラッソをアシストする。

 後半に入って、52分にアンテ・ブディミルのこの日2点目に絡むと、4-1で迎えた60分にもサルバ・セビージャのミドルシュートをお膳立て。これがこの試合2アシスト目となった。
 
 5点中4点に絡んだ日本代表MFを称えたのが、スペイン全国紙の『AS』だ。その活躍ぶりを次のように伝えている。

「セルタに対するクボのプレーは印象的だった。日本人選手はマジョルカ勝利の主役のひとりだった。5ゴールのうち4つに重要な形で絡んだ。スキルフルで、効果的だった」

 この若きサムライ戦士の活躍で、残留を争うライバルから大勝を飾ったマジョルカ。セルタとの差を5ポイントに詰め、降格回避に望みをつなげている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「スゴ技集とかに載るやつや」久保建英が披露した衝撃の“ラボーナ弾”はこちら!

【動画】ファン興奮!久保建英が披露したキレッキレドリブルからの圧巻“ゴラッソ”はこちら

【動画】保有元のマドリーも高評価!マジョルカ久保建英の驚愕テクニックはこちら

【PHOTO】日本の至宝・久保建英の輝き続ける活躍を厳選ギャラリーでお届け!2017〜2020