横浜FCは7月3日、クラブの公式YouTubeチャンネルを更新し、以前から告知していた所属の3選手による“レジェンド対談”を公開した。配信は前編、中編、後編の全3話構成となっている。

 横浜FCに所属し、クラブのみならず日本サッカー界のレジェンド、FW三浦知良、MF中村俊輔、MF松井大輔がそろって出演。7月4日にいよいよ再開するJ1リーグへ、今シーズンの意気込みや、これまでの経験、ここでしか聞けない内容を話す対談企画となっている。

 最初の投稿となったこの日、3分弱の動画では、再開されるJ1リーグでの目標を挙げる。カズが「ゴールを挙げてチームの勝利に貢献したい」と意気込みを語ると、俊輔も「フリーキックで1点取りたい」とそれぞれ最年長ゴールを狙うと宣言した。これにすかさずカズが「フリーキックで3点。最低3点は決めてほしい」と注文を付けるなど、絶妙な掛け合いが見られた。
 
 またこの日、司会進行役も務めた松井は、「僕は記録とかでなくていいんで、またオーバーヘッドとか、アクロバティックなヤツをやれればそれだけで十分なんですよ」と昨季7月の月間ベストゴールに選出されたようなオーバーヘッドキックを再現したいと語った。

 この動画のコメント欄には、公開直後から書き込みも見られ、「この3人がいるチームってスゴイ!」「ニッパツに行けなくてウズウズしてます」「お話しを聞いててワクワクしてきます」などの声が寄せられている。

 今季はコロナ対策により、交代枠が5人に広がるため、途中交代から流れを変えられるベテランの存在も心強い。ピッチ上でこの“レジェンド三銃士”の共演が見られるか?

 横浜FCは7月4日のリスタートマッチで、ホームに北海道コンサドーレ札幌を迎える。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部