“韓国の至宝”がバレンシアを離れる日が近づいているようだ。

 7月5日、地元スポーツ紙『Superdeporte』が、バレンシアに所属する韓国代表MFイ・ガンインが契約更新のオファーを拒否し、退団を希望していると報じた。

 記事によれば、昨年のU-20ワールドカップでMVPに輝く活躍を見せたイ・ガンインの元には、ユベントスやアヤックスという名門クラブからオファーがあったものの、オーナーであるピーター・リムが移籍を認めずに残留。だが、今シーズンはカップ戦も含めた全公式戦で先発はたった5試合で、計570分間しかピッチに立てず、出場機会の少なさに不満を持っているという。
 
 クラブから数か月に渡って契約延長を打診されてきたが、19歳の俊英はこれに応じず、すでに代理人を通じて退団の意志を伝えているようだ。
 
 10歳の時からクラブが育て上げてきた“宝石”の退団報道に、ファンの反応は様々だ。
 
 開幕直後にマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が突然首を切られ、その後任のアルベルト・セラーデスも一部選手との確執が伝えられたうえ、終盤の大失速で先月29日に解任。相変わらずごたごたが続いているチーム状況を踏まえ、「こんなチームからは出て行ったほうがいい」「チャンスがなかったのだから仕方ない」といった同情の声もあった。
 
 だが、6月18日のレアル・マドリー戦(ラ・リーガ第29節)で、セルヒオ・ラモスに3度に渡ってキックを見舞い、今シーズン2度目のレッドカードを食らって批判されたばかりとあって、「出ていけ!何もしてないじゃないか」「売れないだろ」「ありがとうとは言わない」「久保のほうがいい」といった厳しい声も相次いだ。
 
 イ・ガンインは、このまま“心のクラブ”を離れてしまうのか。このご時世、契約解除金の8000万ユーロ(約96億円)を満額で払うクラブはいないだろうが……。
 
構成●サッカーダイジェスト編集部Web編集部