めったにお目にかかれないシーンだった。

 現地時間7月6日に開催されたラ・リーガ第34節で、現在4位のセビージャは、乾貴士が所属するエイバルとホームで対戦した。

 チャンピオンズ・リーグ出場権獲得(4位以内)を狙うセビージャは56分に、ヘスス・ナバスの正確なクロスにルーカス・オカンポスが巧みなジャンピングボレーで合わせて均衡を破る。

 このまま1点をリードして、後半アディショナルタイムに突入。だが、ここでアクシデントが発生する。GKトマシュ・ヴァツリークが負傷してしまうのだ。

 5人の交代枠を使い切ってしまっていたため、ジュレン・ロペテギ監督は、先制点を挙げたオカンポスをGKに指名。その直後にピンチを招く。

 自陣ゴール前の混戦から、パワープレーで上がっていた敵GKマルコ・ドミトロビッチが左足でシュート。すると、この至近距離からの一撃を“急造守護神”が好セーブで防いだのだ。試合は直後にタイムアップ。ホームチームは貴重な勝点3をモノにした。
 
 守護神が放ったシュートを、アタッカーが本職のGKがセーブ。この何とも珍しいプレーを、スペイン紙『MARCA』は「今シーズンで最もクレイジー」と興奮気味に伝えた。

 決勝点となるゴールに勝利を呼び込むビッグセーブ。文字通り攻守に渡る活躍でマン・オブ・ザ・マッチに輝いたアルゼンチン代表MFは、試合後のフラッシュインタビューで、「キーパーをやるなんて想像してなかったよ。チームを助けられたのは素晴らしい」と語っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】オカンポスの決勝ゴラッソ&終盤のビッグセーブはこちら