イタリア・セリエAのサンプドリアに所属するDF吉田麻也が8月7日に自身のインスタグラムを更新。ビーチで撮影された“水着ショット”の腹筋が「バッキバキ」だと話題を呼んでいる。

 吉田は今年1月に7年半を過ごしたサウサンプトン(イングランド)から、サンプドリアへ期限付きで移籍。26節ヴェローナ戦でセリエAデビューを果たすと、守備の要としてレギュラーの座に君臨。半年間でリーグ戦14試合に出場し、下位に低迷していたチームの1部残留に貢献した。

 今季のリーグ戦を戦い抜いてシーズンオフに入り、トルコ移籍の噂やサンプドリアとの契約延長など、様々な報道がなされている吉田。そんななか、束の間のオフでバカンスを楽しむ様子を収めた1枚の写真をSNSに投稿している。
 
 写真で吉田は青い空と透き通る青い海をバックに、ビーチでシュノーケルマスクを被り、赤い海パン姿で仁王立ち。イタリア語では「良い休日」、日本語では「めちゃめちゃ腹筋に力入れてる」と言葉を添えて投稿した。
 
 コメント欄には多くのファンから反応が届き、鍛え上げられた身体を絶賛する声や、マスクへのツッコミなどが寄せられている。
 
「バッキバキですやん!!かっこいい〜」
「覆面レスラー」
「このご時世で海水浴ができないので羨ましいです!」
「サムライみたい」
「身体バッキバキでカッコいいのにハゲた変態仮面に見えちゃう」
「素敵なお身体!」
「山の民バジオウか!」
「戦隊のヒーローかと思いました」
 
 31歳でのセリエA挑戦でしっかりと結果を残し、加入わずか半年ながら着実にクラブからの評価を上げている吉田。来季はイタリアに残るのか、それともふたたび別のリーグへと移るのか。いずれにしても激動の1年となりそうな来シーズンを前に、束の間の休日でしっかりと英気を養ったようだ。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【吉田麻也PHOTO】“可愛すぎ”な2ショットも!名古屋時代から現在までのキャリアを振り返る!2005〜2020