現地時間8月12日、スペイン全国紙『AS』は、久保建英のレンタル移籍が決定以降、ビジャレアルのSNSフォロワー数などが、驚異的な伸び率を示していると報じた。

 これはマジョルカでも起きた現象で、とりわけYouTubeは日本からの視聴が多く、クラブ関係者は「タケチューブ」と呼んでいたと明かしていた。そして、ファンの期待に応えようと連日のように久保の動画をアップし、好評を得た。

 ビジャレアルの公式アカウントでも、この若きサムライの露出が増えていくのは間違いないだろう。13日にはさっそく、トレーニング中の久保の写真をSNSにアップ。利き足とは逆の右足でシュートを放つシーンを投稿した。
 
 期待の新戦力のトレーニング姿にファンも歓喜。コメント欄に次のようなメッセージが寄せられている。

「バモス、タケ」
「実にクールだ」
「かっこいい!」
「YouTubeにアップして。タケの練習が見たい!」
「選手同士の絡みも見たい」
「マドリーの未来」
「試合が待ちきれないよ!」
「次のメッシ?」
「早く試合してるところが観たい!」

 とりわけ多かったのが、やはり実戦でプレーするところが早く観たいという声だ。黄色いユニホームで躍動する姿を、ファンは今か今かと待ちわびている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部