J1リーグは9月19日、各地で第17節の6試合を開催した。豊田スタジアムで行なわれた名古屋グランパス対ヴィッセル神戸の一戦は、2−1でホームの前者が勝利を収めた。

 前節ともに敗れている両チーム。横浜FCに2−3とアウェーで土を付けられた名古屋は中5日で、セレッソ大阪に0−1と敗れた神戸は中2日でこの一戦を迎えた。

 試合はアウェーの神戸が先手を奪う。15分に、自陣の右サイドから西大伍がディフェンスライン裏にロングボールを送ると、この日シャドーの位置で先発していた山口蛍が反応。ペナルティエリア内右から上手くバウンドを合わせてループシュートを選択すると、前掛かりになっていたGKのランゲラックが一歩も動けない見事な軌道でネットを揺らし、1−0とリードを奪った。

 ホームの名古屋もマテウスを中心に前線から激しいプレスを仕掛ける。すると42分、ペナルティエリア手前からマテウスが強烈なシュートを放つと、飛び込んだDFの手に当たりPK判定に。これをキッカーの金崎夢生がゴール右隅に決め1−1の同点として前半を折り返す。
 
 後半は、神戸にボールを握られる展開が続くものの、冷静に対処した名古屋は時折鋭い攻撃を見せる。3試合ぶりに先発復帰となった前田直輝が55分にドリブルでライン際まで進むと、ペナルティエリア内で倒されPKを獲得。

 キッカーはまたしても金崎。これを再びゴール右隅に収め2−1と逆転に成功する。

 追いかける神戸はDF渡部博文に代えてMF郷家友太を投入し、3−4−2−1のシステムから4−4−2に変更。攻撃に変化をつけるものの、追加点を奪うことができず、1−2で試合終了のホイッスルを迎えた。

 この結果名古屋が勝点を30に伸ばし4位をキープ。神戸は同20のままで、順位は暫定ながら11位となっている。

 次節は中3日の平日開催となる。23日に名古屋は敵地でガンバ大阪と、神戸はホームでサガン鳥栖と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部