まさに圧巻の活躍だった。

 現地時間10月22日に開催されたヨーロッパリーグ(EL)・グループIの第1節で、久保建英が所属するビジャレアルは、トルコのシワススポルとホームで対戦。5−3と壮絶な撃ち合いを制した。

 この試合で勝利の立役者となったのが、移籍後初スタメンとなった久保建英だ。ここまでラ・リーガでは、開幕から6戦連続で途中出場と出番に恵まれなかった19歳は、4-3-3の右インサイドハーフ(トップ下に可変することもあった)に入ると、生き生きと躍動する。

 0−0で迎えた13分、サミュエル・チュクウェゼのシュートのこぼれ球に反応。左足で落ち着いてネットを揺らし、待望の移籍後初ゴールを挙げる。その7分後には絶妙のトラップからの巧みなスペースへのパスでCFカルロス・バッカの追加点をアシスト。さらに、ゴールには繋がらなかったものの、バッカが外したPKを誘発するパスも送り込んだ。

【画像】ビジャレアル公式が公開した久保建英のゴール&歓喜シーン
 後半に入って57分にも、鋭く曲がるCKで移籍後初出場のCBファン・フォイのヘッド弾をお膳立て。1ゴール・2アシストと出色のパフォーマンスを披露した。

“日本の至宝”の活躍を現地メディアも称賛している。全国紙の『Marca』は「クボは驚異的なプレーヤーだ。疑いの余地はない」と称え、こう続けている。

「ある程度自由を与えられ、ストライカーの後ろでプレーし始めたアタッカーを、このエリアで制御するのは不可能だった」

 またこぼれ球に詰めたゴールシーンは「最大級の賢さを見せた」と評すれば、バッカへのお膳立ては「完璧なアシストだった」とベタ褒めだった。

 移籍初のフル出場で、鮮烈なインパクトを残した久保。この19歳の起用に慎重だったウナイ・エメリ監督もついに考えを変えるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部







【動画】スペインメディアが絶賛! 久保建英の絶妙ヒールパスはこちら