浦和レッズは10月24日、J1第24節でセレッソ大阪と対戦。3−1で勝利を収めた。

 浦和はこの試合、6得点で大勝した前節のベガルタ仙台戦から先発をひとり変更。出場停止の宇賀神友弥に代わって、左SBに山中亮輔が入った。2トップは興梠慎三と武藤雄樹、ボランチはエヴェルトンと長澤和輝が組んだ。

 対するC大阪は、前節の横浜F・マリノス戦で途中出場から2得点した豊川雄太を先発起用。左右のサイドハーフはお馴染みの清武弘嗣と坂元達裕となった。

 試合はお互いに丁寧な立ち上がりに。相手のすきを窺いながらC大阪が5分に左SB丸橋祐介のオーバーラップからチャンスを作れば、浦和は11分、18分と武藤のシュートでゴールに迫っていった。

 しかし浦和は一瞬にして先制点を奪われてしまう。28分、ディフェンスラインの裏に抜け出した豊川を捕まえ切れず、橋岡大樹、槙野智章ふたりがかわされ、ゴールネットを揺らされてしまった。
 
 ただしリードを奪われたのも、つかの間。34分、汰木康也が得たPKを興梠が冷静にゴールに流し込む。わずか6分で同点とした。

 さらに44分には山中の強烈な左足のシュートが相手のオウンゴールを誘い、ついに逆転に成功。リードを得た状態で試合を折り返した。

 後半に入りC大阪に厚みのあるアタックを受けながらも、突き放す機会をうかがっていた浦和は、70分に興梠と武藤の2トップに代えて、レオナルドと杉本健勇を投入。これが早速、功を奏す。

 71分、汰木が左サイド深くをドリブルで打開しグラウンダーのクロスを供給すると、それを受けたレオナルドがDFをひとりかわしてシュート。そのこぼれ球に反応したマルティノスがゴールに押し込み、浦和は勝利に近づく大きな3点目を奪ったのだ。

 その後、ブルーノ・メンデスや西川潤などを交代で起用し、攻撃の活性化を図るC大阪の反撃を受け流していった浦和が、見事にリードを守り切ってみせた。

 浦和は今季3度目の逆転勝利で、ホームで連勝を飾った。一方でC大阪が11節の川崎戦以来、今季2度目の逆転負けとなった。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)