現地時間10月24日に開催されるラ・リーガ第7節で、宿敵レアル・マドリーとのクラシコに挑むバルセロナが、スタメン11人を発表した。

 前節にヘタフェに0−1で敗れ、今シーズン初黒星を喫したバルサは、その試合を欠場した左SBのジョルディ・アルバが復帰。故障で離脱中の守護神マルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの代わりに、ネトが入り、右SBには19歳のセルジーニョ・デストをチョイスした。

 驚きだったのは、アントワーヌ・グリエーズマンの先発落ち。代わりに17歳のペドリを抜擢し、同い歳のアンス・ファティを含め、ティーンエージャーを3人先発で起用している。

マドリー戦に挑む先発メンバー11人は以下の通り。

【GK】
ネト

【DF】
セルジーニョ・デスト
ジェラール・ピケ
クレマン・ラングレ
ジョルディ・アルバ

【MF】
セルヒオ・ブスケッツ
フレンキー・デヨング
ペドリ
フィリッペ・コウチーニョ
アンス・ファティ

【FW】
リオネル・メッシ

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】数字で見るクラシコのプレビュー