現地時間10月24日、ブンデスリーガは各地で第5節を開催。日本代表MF遠藤渓太の所属するウニオン・ベルリンは、ホームでSCフライブルクと対戦した。

 ベンチスタートとなった遠藤は1-1で迎えた71分、3枚同時交代のうちの1人としてピッチへ。これまで出場した2試合と比べ、最も早い時間帯からの投入となった。

 すると積極的なプレスで貢献。74分にはゴール前でボール奪うと、相手のファウルを誘い好位置でFKを獲得する。だが、ここはゴールには繋がらなかった。

 その後は、ボールに絡む機会はあまりなく、見せ場は作り出せず。チームもセットプレーから惜しい場面を迎えたものの、勝ち越し点は奪えない。

 結局、試合は1-1のドロー決着。22歳の日本代表戦士のデビュー戦となった3節以来の勝利とはならなかった。

 次節は11月2日にアウェーでホッフェンハイムと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部