現地時間10月29日に、アゼルバイジャンの雄カラバフとのヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第2節に挑むビジャレアルが先発メンバー11人を発表。注目の久保建英が、公式戦3試合連続のスタメン入りを果たした。

 22日に開催された第1節のシワススポル戦で移籍後初先発を飾り、1ゴール・2アシストの大暴れで5−3の勝利の原動力となった久保。その活躍が評価され、先週末のカディス戦(ラ・リーガ第7節、スコアレスドロー)もスタメンで出場し、62分までプレーした。

 アゼルバイジャンがアルメニアと紛争中のため、中立地であるトルコのイスタンブールで開催される“異例”のアウェーゲームでも、ウナイ・エメリ監督は“日本の至宝”をスターターに抜擢した。

 故障で戦線離脱していたジェラール・モレーノの実戦復帰がまもなくと見られているだけに、是が非でもアピールをしたいところだ。ELでの2戦連発にも期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】2G1A以外にも圧巻プレー連発!UEFAが公開した久保建英のELデビュー戦プレー集