[J1第25節]川崎2-1FC東京/10月31日/等々力

 J1の25節が10月31日に開催され、等々力陸上競技場では、川崎とFC東京の一戦が行なわれた。

 両チームは10月7日のルヴァンカップ準決勝でも、同じく川崎のホーム・等々力で対戦しており、この一戦ではFC東京が2-0で勝利。川崎にとってはリベンジ、そしてリーグ連勝記録を12に伸ばすためのゲームに。一方、11月7日にルヴァンカップ決勝を控えるFC東京は引き分け以下でリーグ優勝の可能性が消滅する重要なゲームとなった。

 川崎は、前回のFC東京戦からスタメンを2人変更。インサイドハーフに中村憲、左ウイングに三笘を起用した。システムは通常通り4-3-3。GKチョン・ソンリョン、最終ラインは右から山根、ジェジエウ、谷口、登里、中盤はアンカーに守田、インサイドハーフに田中、中村憲、3トップは右から家長、L・ダミアン、三笘の並びとなった。

 一方、FC東京も前回の対戦時から2人を変更。GKに波多野、右SBに中村帆を起用した。システムは4-4-2で、GKは波多野、4バックは右から中村帆、渡辺、森重、小川、2ボランチはA・シルバ、安部、サイドハーフは右に三田、左にD・オリヴェイラ、2トップは永井、レアンドロが入った。

 序盤は素早い攻撃からFC東京がチャンスを掴む。開始45秒には右から三田が鋭いシュートを放ち、7分にもエリア内から三田が決定機を迎えるも、ともに川崎のGKチョン・ソンリョンがセーブした。

 一方、川崎はボールをつなぎながらFC東京の守備網を崩しにかかる。前回対戦時と同じく攻める川崎、守るFC東京の構図、FC東京陣内での試合が続くも、FC東京守備陣も固く川崎の攻撃に対応した。

 しかし、地上が空かなければ、空中――と、さすがの臨機応変な攻撃で、川崎が堅守をこじ開ける。

 22分、相手エリアの外、中央でボールを持った守田がループパス。これに抜け出したL・ダミアンが微妙な判定であったが、渡辺に倒されてPKを獲得。これを家長が冷静に決めた。

 その後も川崎がチャンスを作る。38分には三笘、40分には中村憲、前半アディショナルタイムには三笘、谷口がそれぞれ決定機を迎えるも、追加点とはいかなかった。
 
 後半、FC東京は3バックへシステムチェンジ。三田に代えて中村拓を投入し、3バックは森重、渡辺、小川、2ボランチは安部、A・シルバ、ウイングバックは左に中村帆、右に中村拓、前線の3枚にレアンドロ、永井、D・オリヴェイラが入った。

 52分には川崎に再び決定機。守田の巧みなアウトサイドパスから右サイドを抜け出した山根のクロスにL・ダミアンが合わせるもゴールならず。

 するとFC東京が同点に追いつく。左サイドの中村帆のパスを中で受けた安部がスルーパス。これに反応したD・オリヴェイラがジェジエウを巧みにいなして、GKチョン・ソンリョンのニアサイドを抜いた。この1点でFC東京は勢いを取り戻す。

 それでもこの日が40歳の誕生日で好プレーを見せていた中村憲が、さすがの仕事ぶりを示す。

 74分、三笘が左サイドを突破すると、マイナスのクロス。これを中村憲が左足で蹴り込んでFC東京を引き離した。

 試合はこのまま2-1で終了。川崎はリーグ12連勝を達成し、FC東京にリベンジを果たした。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第25節PHOTO】川崎2−1FC東京|中村憲剛が40歳でのバースデーゴール!これが決勝弾となり、多摩川クラシコに勝利した川崎12連勝!