齊藤未月、金子大毅、坂圭祐、松田天馬などセンターラインを支えていた中軸が軒並み移籍したことを受け、補強に積極的だ。ただ、若さを前面に押し出した従来の編成と一線を画すのは、石原直樹やタリクら既存のメンバーも含め、経験豊富な人材を増やしている点だろう。今オフもウェリントン、山本脩斗といった即戦力となるベテランを手に入れている。

 ここまでは、昨季リーグワーストの29得点に終わった攻撃陣を強化すべく、中盤から前線のタレントを中心に補強を進めており、現状では最終ラインの頭数が不足気味。ポリバレントな選手が多く、また守護神・谷晃生のレンタル延長も朗報とはいえ、昨季も守備陣は怪我人続出に苦しんだだけに、ある程度の選手層は確保しておきたい。
 
最新移籍動向(1月25日現在)
◇=2022年加入内定

【加入】
FW
ウェリントン(32)←ボタフォゴ/ブラジル(完全移籍)
ウェリントン・ジュニオール(27)←ポルティモネンセ/ポルトガル(レンタル移籍)
池田昌生(21)←福島(完全移籍)
町野修斗(21)←北九州(完全移籍)
根本 凌(20)◇←鹿屋体育大(新人)
 
MF
高橋 諒(27)←松本(完全移籍)
中村 駿(26)←山形(完全移籍)
名古新太郎(24)←鹿島(レンタル移籍)
平松 昇(22)←立正大(新人)
田中 聡(18)←湘南U-18(新人)
平岡大陽(18)←履正社高(新人)
鈴木淳之介(17)◇←帝京大可児高(新人)
 
DF
山本脩斗(35)←鹿島(完全移籍)

GK
立川小太郎(24)←長野(完全移籍)

【退団】
FW
指宿洋史(29)→清水(完全移籍)
岩崎悠人(22)→[札幌→]千葉(レンタル移籍)

MF
澤田 恒(29)→TSV STEINBACH/ドイツ(契約解除)
中川寛斗(26)→京都(完全移籍)
松田天馬(25)→京都(完全移籍)
金子大毅(22)→浦和(完全移籍)
齊藤未月(22)→ルビン・カザン/ロシア(レンタル移籍)
鈴木冬一(20)→ローザンヌ・スポルト/スイス(完全移籍)
横川旦陽(18)→鳥取(レンタル移籍)

DF
馬渡和彰(29)→[川崎→]大宮(完全移籍)
坂 圭祐(25)→大分(完全移籍)

GK
後藤雅明(26)→金沢(完全移籍)

構成●サッカーダイジェスト編集部

※『サッカーダイジェスト』1月28日号(同14日発売)より一部修正して転載。