2021シーズンのJリーグが2月26日にいよいよ開幕するのを前に、DAZNとスポーツメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」では、選手や監督、関係者のインタビューを実施。サッカーダイジェストは、昨季に鹿島アントラーズで現役を引退した内田篤人氏に話を伺った。そのなかで、今季のJリーグのキャッチコピーである「2021のヒーローになれ」に関連し、「ニューヒーロー候補」を3人挙げてもらった。元日本代表DFの名手がイチオシの若手3人衆とは――。

―――◆―――◆―――

 若手とは言えないかもしれませんが、ひとり目は鹿島の(上田)綺世。今季は“ガツン”と活躍してほしいです。敵のマークがエヴェラウドに集中すればゴール前に生まれたスペースを生かして、無理がきく動きで存在感を発揮しそうです。

 綺世はどちらかと言うと味方のサポートあってのFWで、使う側としては面白い選手です。多少アバウトなボールでもシュートに結び付けてくれるし、パワーもあるので競り勝てる。ただ、その枠に収まらないでほしい。個人でも打開できるようになるとプレーの幅が広がってより活躍できるようになるはずなので。

 届きそうにないボールにも届いて、無理だろうというボールにも足を出してどうにかできる持ち味をさらに磨きつつ、あとはもう少し局面打開力を身に付けてほしいです。ターンして相手をかわすとか、散らしてもう1回もらうとか、フィニッシュ以外のプレーがより増えれば怖さが増すでしょう。

【画像】J1全20チームの2021年シーズン予想フォーメーション
 ふたり目は、浦和の武田(英寿)。U-19代表の候補合宿では、身体の使い方も、ボールをもらう位置も上手で、取られない。MFとしての基本的な能力はかなり高くて、FKを含め技術がしっかりしています。

 足りないのはやはり経験。ルーキーイヤーの昨季も最後に少し出ただけですよね。浦和が若手を積極的に起用してくれれば、武田は実力的にもっと試合に絡めるはず。例えば鹿島では昨季、染野(唯月)も、松村(優太)も、荒木(遼太郎)も使ってもらえて、結果的に彼らは伸びた。だから、できれば武田も自分の力でチャンスを勝ち取ってほしいです。実戦で感覚を養えれば、自然とプレーの質も高まりますから。
 
 3人目はセレッソ大阪の瀬古(歩夢)。夢フィールドでU-23代表の練習を上から見ていて、「良いCBいるじゃん」って思ったら、それが彼でした。落ち着きがあってフィードもいいし、身体もしっかりしている。国外の選手相手にやれるかは分かりませんが、雰囲気もあるので、Jリーグでさらなる飛躍を遂げるでしょう。

 今回はあえて外しましたが、鹿島の荒木は完成度が高い。物怖じしないし、普通に活躍すると思います。ただ、見ていて面白いのは同じ鹿島の松村。粗削りだけど、(ドリブルなど)特長を持っていて。若いうちはどれだけ自身の色を出せるか、アピールするうえでそこは重要なポイントになるはずです。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
協力●DAZN