J1リーグは3月6日、第2節の8試合を開催。豊田スタジアムでは、名古屋グランパスと北海道コンサドーレ札幌の一戦が行なわれ、名古屋が1-0で勝利を収めた。

 序盤から両チームとも攻守の両局面でテンションの高いプレーを見せ、一進一退の攻防が続く。

 25分、名古屋は左サイドから鋭い攻撃を仕掛けるも、クロスを受けたガブリエル・シャビエルはシュートを打ち切れない。一方の札幌は持ち前のパスワークを駆使してチャンスをうかがっていく。31分には相手守備陣のミスを見逃さずルーカス・フェルナンデスが惜しいシーンを得るも、これはGKランゲラックの好守に阻まれる。

 前半はともに攻撃陣は決め手を欠き、守備陣はタイトな守りを見せた結果、スコアレスで折り返す。

 後半は54分に名古屋のマッシモ・フィッカデンティ監督が“3枚替え”で打開を試みる。札幌は63分、チャナティップのお膳立てからアンデルソン・ロペスが際どいシュートを放つも、これもランゲラックのファインセーブに阻止される。

 74分には、名古屋はマテウスとの連係で前田直輝が決定機を迎える。しかし、これは札幌GK菅野孝憲のビッグセーブでゴールをこじ開けられない。
 
 しかし82分、ついに均衡が破れる。右サイドのニアゾーンに侵入した前田のアシストから、途中出場の相馬勇紀が落ち着いて流し込む。

 試合はそのままタイムアップ。前節は福岡に2-1と勝利している名古屋が、今節も一点差の勝負を制し、連勝発進となった。

構成●サッカーダイジェストweb編集部