プレミアのクラブから触手も…バルサ、安価でのラキティッチ放出を望まず

プレミアのクラブから触手も…バルサ、安価でのラキティッチ放出を望まず

 バルセロナは、同クラブに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチを安価な移籍金で売却するつもりはないようだ。スペイン紙『アス』が17日に伝えている。


 今シーズンのリーガ・エスパニョーラで7試合に出場しているラキティッチ。しかし、ブラジル代表MFアルトゥールやオランダ代表MFフランキー・デ・ヨングの台頭により、先発出場はわずかに1回と出場機会が限られている。


 今回の報道によると、ラキティッチには複数のクラブが興味を示している模様。とあるプレミアリーグのクラブが移籍金1500万ユーロ(約18億円)で獲得を打診したものの、バルセロナ側から断りを入れられたという。同クラブはラキティッチに3500万ユーロ(約42億円)の価値があると考えており、安価での放出は考えていないようだ。


 また、ラキティッチにはアトレティコ・マドリードだけではなく、ユヴェントスやインテルも関心を持っていると言う。果たして、同選手の新天地はどこになるのだろうか。


関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る