SC相模原は15日、FC岐阜からスペイン人GKビクトルを完全移籍で獲得したと発表した。


 30歳のビクトルはエスパニョールの下部組織出身で、スペイン下部のクラブを渡り歩いた。2017年に岐阜へ加入すると、1年目から明治安田生命J2リーグで全42試合に出場。2年目の2018年も全試合に出場したが、昨季は18試合の出場に留まっていた。


 ビクトルはクラブの公式サイト上で以下のようにコメントを発表している。


「SC相模原のサポーターの皆様こんにちは。今回、このお話を頂いただことをとても嬉しく思っています。クラブ、応援してくれているサポーターのためにも毎日の練習から全力で取り組むことを約束します。皆さんとお会いできることを楽しみにしています! みんなの力で優勝しましょう!」