鹿島アントラーズが15日、同クラブのeスポーツチーム設立ならびに、「FIFA」シリーズのeスポーツプレーヤー・ナスリの加入を発表した。


 今回のチーム設立についてクラブは「鹿島アントラーズは、eスポーツを新たな事業として取り組み、世界一のクラブを目指すため、数々の世界大会に挑戦するナスリ選手の加入を決定いたしました。『すべては勝利のために』というミッションのもと、鹿島アントラーズに関わる全ての方々に勝利を通じて夢と感動をお届けできるよう、eスポーツの領域でも世界で活躍するチームを目指して、取り組んで参ります」とコメントしている。


 今回加入したナスリは、数々の世界大会で名を馳せるeスポーツプレーヤーで、過去にはサガン鳥栖、横浜F・マリノスのユニフォームを着て大会に出場した経験もある。早速、1月17日から19日までに行われる世界大会「FUT Champions Cup」に参加する予定だ。


ナスリはクラブを通して「この度、鹿島アントラーズeスポーツチームの所属選手になりましたナスリです。伝統あるアントラーズの一員に、eスポーツ選手としてなれたことを嬉しく思います。早速アントラーズのユニフォームを着て、今週末に開催される世界大会に出場します。eスポーツの世界でもアントラーズが注目されるよう、優勝目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします」とコメントした。