AFC U−23選手権2020グループB第3戦が15日に行われ、U−23日本代表はU−23カタール代表と対戦。1−1の引き分けに終わり、未勝利で大会を去ることとなった。キャプテンマークを託され、攻守に奮闘したMF杉岡大暉は、「日本の特徴を出せなかった」と語り、以下のように試合を振り返った。


「1試合目、2試合目も含めて、芝の状態があまりよくなかった。日本にはテクニックで違いを作れる選手が多くいますが、その特徴を出すのが難しい状況だったと思います。ただ、それを言い訳にはできません。どんな状況でも、強引に個で突破する意識が必要。今大会は、その部分が足りていなかったと感じています」


 新シーズンは鹿島アントラーズに移籍し新たな挑戦を始める杉岡。この悔しさを糧にし、飛躍を遂げることができるだろうか。