新しい年がスタートして早くも20日が経過した。欧州主要リーグが後半戦に突入するなか、冬の移籍市場も佳境を迎えており、閉幕まで残すところ10日ほどとなった。日本代表MF南野拓実(ザルツブルク→リヴァプール)、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(ロサンゼルス・ギャラクシー→ミラン)、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(ザルツブルク→ドルトムント)など、すでにいくつかのビッグディールが成立しているが、タイムリミットまでさらなる大型移籍が成立する可能性もある。


 そんな中で、重要な役割を果たしているのが代理人だ。普段はピッチ上で戦う選手たちが主役になるサッカー界でも、夏と冬の移籍期間においては代理人の一挙手一投足が注目される。彼らの交渉力ひとつでスカッドの面子が様変わりすることもあり、チーム作りに大きな影響をもたらす存在と言えるだろう。


 そこで今回は、移籍情報サイト『transfermarkt』の情報をもとに、サッカー界でその名をとどろかす代理人やエージェント会社がどんな選手と契約を結んでいるのかを調査。同サイトが算出する市場価値とともに、ベストイレブン形式で紹介する。


 第1回は、クリスティアーノ・ロナウドの代理人として有名なジョルジュ・メンデス氏をピックアップ。ポルトガル出身の同氏は『グローブ・サッカー・アワード』で最多9度にわたって「世界最高の代理人」に選ばれるなど、サッカー界随一の実績を誇り、現在は自ら立ち上げたエージェント会社『Gestifute』を率いている。C・ロナウド以外にも数多くのスーパースターと契約を結んでいること、また同胞の選手たちが多く在籍していることも特徴だ。


 以下が、“メンデス軍団”のベストイレブンである。市場価値が高額な左サイドバックの選手がいなかったため、右サイドバックを本職とするネウソン・セメドを同ポジションにコンバートした。また、「ベンチメンバー」として7名を別に選出している。


※以下の情報はすべて、1月19日時点のもの

※カッコ内は、「所属クラブ/国籍」

※1ユーロ=125円で換算


◆ジェルジュ・メンデス ベストイレブン

▼GK

エデルソン(マンチェスター・C/ブラジル)

市場価値:7000万ユーロ(約88億円)


▼DF

ジョアン・カンセロ(マンチェスター・C/ポルトガル)

市場価値:5000万ユーロ(約63億円)


ルヴェン・ディアス(ベンフィカ/ポルトガル)

市場価値:3800万ユーロ(約48億円)


ガブリエウ(バレンシア/ブラジル)

市場価値:2200万ユーロ(約28億円)


ネウソン・セメド(バルセロナ/ポルトガル)

市場価値:4000万ユーロ(約50億円)


▼MF

ベルナルド・シウヴァ(マンチェスター・C/ポルトガル)

市場価値:1億ユーロ(約125億円)


ファビーニョ(リヴァプール/ブラジル)

市場価値:7000万ユーロ(約88億円)


ルーヴェン・ネヴェス(ウルヴァーハンプトン/ポルトガル)

市場価値:5000万ユーロ(約63億円)


アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン/アルゼンチン)

市場価値:4000万ユーロ(約50億円)


ハメス・ロドリゲス(レアル・マドリード/コロンビア)

市場価値:4000万ユーロ(約50億円)


▼FW

クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス/ポルトガル)

市場価値:7500万ユーロ(約94億円)


合計市場価値:5億9500万ユーロ(約740億円)


<ベンチメンバー(7名)>

▼GK

ルイ・パトリシオ(ウルヴァーハンプトン/ポルトガル)

市場価値:2000万ユーロ(約25億円)


▼DF

リカルド・ペレイラ(レスター/ポルトガル)

市場価値:4000万ユーロ(約50億円)


ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・C/アルゼンチン)

市場価値:1800万ユーロ(約23億円)


▼MF

レナト・サンチェス(リール/ポルトガル)

市場価値:1800万ユーロ(約23億円)


ジョアン・モウチーニョ(ウルヴァーハンプトン/ポルトガル)

市場価値:1000万ユーロ(約13億円)


▼FW

ディオゴ・ジョッタ(ウルヴァーハンプトン/ポルトガル)

市場価値:3500万ユーロ(約44億円)


ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード/スペイン)

市場価値:1800万ユーロ(約23億円)


(記事/Footmedia)