リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、セネガル代表FWサディオ・マネの状態について語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が24日に伝えている。


 リヴァプールは23日に行われたプレミアリーグ第24節でウルヴァーハンプトン・ワンダラーズと対戦し、2−1で勝利した。この試合で先発出場を果たしたマネは負傷により、33分に日本代表FW南野拓実との交代でピッチを後にした。


 マネの状態について、クロップ監督は次のように語った。


「サディオが去らなければいけなかったことは非常に残念だ。筋肉の痙攣のようにそれほど酷いものではないことを願っている。様子を見守ろう」