ユヴェントスは11日、ポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーとの契約を2024年まで延長したことをクラブ公式サイトで発表した。


 シュチェスニーは自身のインスタグラムで「ユヴェントスとの契約を2024年まで延長したことを発表できて嬉しい。この偉大なフットボールクラブの伝統の1番を背負う価値のある選手になるために多くのハードワークと犠牲を払ってきた。今は記憶に残る歴史を作るために戦う準備ができている」とコメントした。


 現在29歳の同選手は2017年夏にアーセナルから移籍した。これまでユヴェントスで公式戦84試合に出場し、セリエAでは61試合出場で28試合のクリーンシートを達成。2度のスクデット(セリエA優勝)や1度のコッパ・イタリア優勝などに貢献した。


 今シーズンはこれまで公式戦22試合に出場。セリエAでは16試合に出場し、最も高いセーブ率(83.7パーセント)を記録している。