アヤックスは、昨年11月5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節チェルシー戦で不利益を被った判定について、補償を要求しないようだ。11日、イタリアメディア『Football Italia』がオランダ紙『De Telegraaf』を引用して報じた。


 同試合はアヤックスが4−2でリードしていた68分、デイリー・ブリント(アヤックス)がタミー・アブラハム(チェルシー)に対してタックルを仕掛けると、ジャンルカ・ロッキ主審はアドバンテージを取ってプレーを続行させる。そのこぼれ球を拾ったカラム・ハドソン・オドイ(チェルシー)が放ったシュートは、エリア内でジョエル・フェルトマン(アヤックス)の手に当たって、チェルシーがPKを獲得。すでにイエローカードをもらっていたブリントとフェルトマンには、同場面で揃って2枚目のイエローカードが提示された。


 一気に2選手が退場したアヤックスは同PKで点差を縮められると、3分後に追いつかれ、試合は結局4−4で終了。勝ち点「2」を失ったアヤックスは、最終節で逆転されてCLから敗退。1位、2位とは勝ち点差「1」の3位に転落し、ヨーロッパリーグの決勝トーナメントへと回ることになった。


 UEFA(欧州サッカー連盟)は先日行われた定例ミーティング内で、同場面の判定を審議していた。ブリントへのイエローカードは満場一致で支持された一方で、ロッキ主審はアドバンテージを取らずにその場でプレーを止めるべきだったと参加者全員が主張し、また一部はフェルトマンのハンドはイエローカードに相当しないとも主張。フェルトマンへのレッドカードは「誤審だった」という結論に至っていた。


 CLからの敗退で賞金1200万ユーロ(約14億円)の獲得を逃したアヤックスは、UEFAに対して同額の補償を求める可能性があると言われていた。しかし、同クラブのエドウィン・ファン・デル・サールCEOは、「UEFAに対して法的措置を取るのは、無駄なことだし希望もない」と語り、泣き寝入りすることを認めた。