チェルシーがボーンマスに所属するオランダ代表DFネイサン・アケの買い戻しを検討しているようだ。11日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。


 現在24歳のアケはチェルシーの下部組織出身で、2012年にトップチームへ昇格した。2015年からはレディング、ワトフォード、ボーンマスへのレンタル移籍を経験。2017年1月にチェルシーへ復帰したものの、出場機会には恵まれず。2016−17シーズン終了後の2017年夏にボーンマスへ完全移籍した。


 ボーンマスへの加入後、主力として活躍し大きく成長を遂げたアケ。チェルシーは今冬の移籍市場でも同選手の買い戻しを考慮していたことが伝えられていたが、獲得は実現しなかった。それでも今回の報道によると、今夏の移籍市場で再び獲得に動くという。


 チェルシーはアケをボーンマスへ2000万ポンド(約28億円)の移籍金で放出した際に、4000万ポンド(約57億円)での買い戻し条項を盛り込んでいた模様で、このオプションを行使することで呼び戻すことを検討しているようだ。