マンチェスター・Uがバイエルンのフランス代表MFコランタン・トリッソの獲得を望んでいるようだ。12日、ドイツ紙『kicker』が伝えている。


 マンチェスター・Uは今冬の移籍市場でトリッソの期限付きでの獲得を望んだが、バイエルンはそれを拒否したという。バイエルンの思惑としては、次の夏にレヴァークーゼンのドイツ代表MFカイ・ハフェルツを獲得するつもりで、トリッソを売却してその分をハフェルツ獲得に充てる可能性があると見られている。


 トリッソは2017年にクラブ史上最高額の移籍金でリヨンからバイエルンに移籍。ニコ・コヴァチ体制で始まった今シーズンはなかなか定位置を掴めず、リーグ戦第21節終了時点で10試合の出場にとどまっており、先発出場も6試合のみとなっている。トリッソやハフェルツの移籍事情は、現在バルセロナからレンタルで加入しているMFフィリペ・コウチーニョの去就なども密接に絡んでいると見られ、一つの移籍や残留が新たな移籍を生む可能性がありそうだ。