リヴォルノ(イタリア2部)は12日、昨年限りで大宮アルディージャを退団したスウェーデン人FWロビン・シモヴィッチの加入を発表した。同選手は背番号「31」を着用する。


 現在28歳のシモヴィッチは、199センチメートル、90キログラム超の巨体を生かしたプレーが特徴のストライカーだ。2016年にヘルシンボリ(スウェーデン1部)から名古屋グランパスに加入し、2018年に大宮へ完全移籍した。明治安田生命J1リーグでは29試合で11得点、明治安田生命J2リーグでは93試合で32得点を挙げた。


 1929−30シーズンのセリエA創設当時のメンバーでもあるリヴォルノは、長い低迷期を経て、2004−05シーズンから07−08シーズンにかけて、09−10シーズン、13−14シーズンにセリエA在籍。2006−07シーズンには『カルチョポリ』の“恩恵”にも預かり、クラブ史上初のUEFA大会出場も果たしていた。


 しかし、最近は再び低迷し、一時期は3部のセリエCまで降格。今シーズンのセリエBでは、第23節終了時点で勝ち点「14」の最下位に沈んでおり、シモヴィッチにはチームを救う活躍が求められる。