数多くのスター選手を顧客に抱える代理人ミノ・ライオラ氏が、ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマについて語った。14日付けでスペイン紙『アス』が報じている。


 現在20歳のドンナルンマも顧客のうちの1人であるライオラ氏は、同選手の将来について語った。同氏によると、EURO2020後に変化はあるかもしれないが、現時点でドンナルンマがミランから移籍する可能性はあまり高くないようだ。


「ドンナルンマの将来について、あまり話したくはないね。何も議論は望まない。彼はミランで満足しているからね」


「ただ、今後の主な目標はUEFAチャンピオンズリーグに出場することだ。それは彼にとってだけでなく、ミランにとっても重要なことだろう。ひょっとしたらEURO2020まで様子を見た後に、詳しく話すことになるかもしれないね」


 すでにミランで5シーズン目を迎え、公式戦188試合に出場しているドンナルンマだが、果たして今後、新天地を求めることになるのだろうか。