リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、リーグ戦について言及した。14日付けでスペイン紙『アス』が報じている。


 15日にプレミアリーグ第26節で最下位に沈むノリッジとの一戦を迎える首位リヴァプール。同試合の記者会見に臨んだクロップ監督は、2位マンチェスター・Cに勝ち点差22をつけているリーグ戦について、以下のように語っている。


「当然、今シーズンのタイトルレースはまだ終わっていない。明日も重要な試合になると思っているよ。ただ、多くの人は順位表ばかりを気にするんだ。試合の内容はあまり気にしない」


「そういった意味で、私は昔ドルトムントの監督だった時も、驚くほど馬鹿げた質問を受けた記憶がある。だから私は決まって、一貫性を保つことが成功のためには必要だと答えてきたんだ」


「タイトルが決まっていない中、優勝について答えることはできない。何度も繰り返し言ってきたが、まだ何も手にできていないんだ。今週はずっとノリッジ戦のことだけを考えて準備してきた。全力で勝利を目指すよ」