アーセナルに所属するU−19イングランド代表FWブカヨ・サカの契約延長交渉は難航しているようだ。イギリス紙『メトロ』が14日に伝えている。


 サカは2001年生まれの18歳。アーセナルの下部組織出身で、2019年1月1日のフルアム戦でプレミアリーグデビュー。今シーズンはスコットランド代表DFキーラン・ティアニーとボスニアヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツの負傷により、左サイドバックを主戦場としてプレミアリーグで15試合に出場している。


 アーセナルとサカの現行契約は2021年夏で満了することになるが、未だ新契約に合意していない。この状況を受けて、リヴァプール、マンチェスター・U、バイエルンがその動向を虎視眈々と狙っているようだ。