バルセロナはサンパウロに所属するブラジル人FWグスタボ・マイアを獲得したようだ。20日にスペイン紙『スポルト』が報じている。


 マイアはストライカーと右サイドでのプレーを得意とする19歳の若手FWである。同選手は同胞の元ブラジル代表MFカカや同国代表MFカゼミロなどの名高いブラジル人選手を育成してきたサン・パウロのアカデミー出身で、その才能は確かなものだ。


 同選手は複数のプレミアリーグクラブからの注目も集めていたが、最終的にはバルセロナへの加入を決意した模様だ。ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの後継者として期待を寄せているバルセロナファンも多いに違いない。