ポルティモネンセ(ポルトガル1部)は22日、CSKAモスクワからレンタル移籍で加入していたFW西村拓真との契約が打ち切られたことを発表した。


 ポルティモネンセによると、西村は欧州で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、自身と家族の健康を懸念して日本への移籍を希望したという。レンタル元のCSKAモスクワが同選手のリクエストを受け入れたため、レンタル契約が即時打ち切られることになった。なお、CSKAモスクワから西村に関する公式リリースはまだ発表されていない。


 現在23歳の西村は、2015年に富山第一高校からベガルタ仙台に入団し、2018年8月に2022年6月末までの契約でCSKAモスクワへの完全移籍を果たした。同選手は今年1月からポルティモネンセに加入してGK権田修一とDF安西幸輝の同僚になり、ファーストチームの2試合に出場した。