スペインでは新型コロナウイルスの感染者、感染に起因する死者が爆発的に増えており、ラ・リーガの選手たちの多くも自宅待機を余儀なくされている。その様子を自身のSNSで公開する選手がいるなか、3月21日にはYouTubeやツイッターで様々なコンテンツを配信している『OTRO』がリオネル・メッシの自宅トレーニングを公開した。


 各メディアがジム顔負けの設備が整ったトレーニングルームや、メッシと息子の仲睦まじい様子に着目するなか、アルゼンチンメディア『infobae』はトレーニングルームの“壁”に着目した。


 トレーニングルームの壁にはボクシング元世界ヘビー級王者で、2016年に74歳で死去したモハメド・アリ氏のモノクロ写真が確認できるだけで14枚も飾られており、メッシが彼の熱狂的なファンであることが改めて明らかになった。


 これまでもメッシはアリ氏の写真がデザインされたTシャツを着て、メディアやSNSに登場している。過去には、そのTシャツ姿でバルセロナとの契約更新に臨み、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長と握手を交わしたこともある。


 またアリ氏が亡くなった際には、自身のフェイスブックに「蝶のように舞い、蜂のように刺す」という有名なフレーズとともにアリ氏の画像を投稿し、その死を悼んでいる。メッシは憧れの人が見守るなかでトレーニングに励み、リーグ戦再開に備えているようだ。